iBooks Author ファーストインプレッション

先ほどAppleから発表のあった電子書籍制作ソフトであるところの「iBooks Author」がもうMac AppStoreに!
さっそくインストール&起動してみます。

ダウンロードはこちらから
http://itunes.apple.com/jp/app/ibooks-author/id490152466

App Storeアプリから検索して見つけることもできます
f:id:tswi:20120120010830j:plain

起動するとテンプレート選択画面
f:id:tswi:20120120011540j:plain

6つのテンプレートからいずれかを選ぶと、編集画面へ
f:id:tswi:20120120011612j:plain

画面左側を見ると、「イントロメディア」や「用語集」が...
f:id:tswi:20120120011947j:plain

イントロで利用する動画を貼り付けたり...
f:id:tswi:20120120012250j:plain

用語を登録したりできるようです
f:id:tswi:20120120012310j:plain

表示オプション
f:id:tswi:20120120012438j:plain

画面に配置するオブジェクトの種類
グラフやウィジェットは様々なパターンから選択する
f:id:tswi:20120120012812j:plain
f:id:tswi:20120120012819j:plain
f:id:tswi:20120120012824j:plain


イメージ的にはPagesが進化したような感じかな?


さてさて、プレビューするにはどうするかというと、お手元のiPadをMacに接続してメニューから「プレビュー」を選択するだけ!
するとダイアログが出てくるので、OKを選択
f:id:tswi:20120120013512j:plain

無事iPadに出力!
iBooksアプリを起動した状態にしておくと、転送情況すら見えますね
f:id:tswi:20120120014245p:plain
とおもいきや、転送完了してもファイルを開けないようです
これは何か手順が必要なのか、調べないといけないですね...

本棚から表紙を選択して、再度iBoooks Authorで「プレビュー」を選択すると表示できるようです
どうも煩雑なので、正規の操作ではなさそうですが...


あとは公開関連の手順など確認しようと思っていますが、とりあえずはここまで